小児鍼

小児鍼をご存じですか?

 

小児鍼とは、鍼と書いてあっても鍼を刺すわけではありません。

小児用の鍼を使って、子どもの皮膚を優しく摩擦します。

子どもの皮膚は大変薄く、大人と比べて非常に敏感です。
スキンシップに代表されるように、皮膚に対する心地良い刺激は、
精神や情緒を安定させ、さらに東洋医学のツボ刺激を加える事により
自律神経のバランスも調えることができるのです。

小児に良くみられる症状として

かん虫・夜泣き・おねしょ・落ち着きがない・アトピー・食欲不振

よく噛みつく・下痢・便秘・チックなどがあります。

小児鍼は、軽く皮膚を摩擦したり、接触する方法ですので、痛みを感じること
はありません。

子どもたちも怖がらず、気持ちよく安心して治療が受けられます。
生後4カ月頃から受けていただけます。一度お電話でご相談ください。